トレード練習 下落後の考え方

2016-12-25-15-04-45

日足での環境認識。91円のサポートをブレイクし、2円ほど大きく下落した。

4時間足。このような戻り売りを狙っていきたい所。

2016-12-25-15-17-07

5分足。切り上げラインをブレイクした所からショートする。

2016-12-25-15-19-58

先ほどのショートは建値撤退になってしまったが、今度は逆に切り下げラインをブレイクし、サポートを確認してからロングを狙う。戻り高値付近まで伸びてくれることを期待。

2016-12-25-15-23-27

ネックラインを超えることが出来ず、またまた建値撤退となってしまった。

今度は切り上げラインをブレイクしたところをショート。最安値付近まで伸びることを期待。

2016-12-25-15-28-21

ネックラインにレジスタンスされて最安値付近まで下がっていった。その後安値を徐々に切り上げたところで利確し、緑丸のミニダブルボトム完成を見てロング。上位足で見ても大きなダブルボトムが出来上がったところだ。目標は矢印の高値。

2016-12-25-15-34-00

最高値には届かずに、高値を切り下げたのを確認して利確した。

この後はレンジになりそうな雰囲気。

このように、1つのシナリオに固執せず、環境変化に付いて行き柔軟に対応する必要がある。

そして狙いが外れたらすぐ逃げる。

シェアする

フォローする