戻り売りは、短期足で目線が切り替わった後の戻りを狙う

戻り売りのポイント

やっててちょっとひらめいたアイデアがあるので、図を作りながら整理したいと思う。

戻り売りを考える時、理想は最後の高値でエントリーするのが理想。

だが、実際は早まって赤丸で売ってしまいがち。この時点では左の高値と比べると切り下げてはいるからだ。

ここでエントリーだと、調整波しか狙うことは出来ず、値幅は期待できないということを予測できないといけない。

しかし結局このように損切りになるケースが多い。5分足で買い目線が継続中だからだ。

だから、慌てずに一旦はネックラインを下抜かせて、5分足レベルで売り目線に切り替わった後、戻りを待ってそれ以上上がらないとなったのを見計らってショートすればいい。

波はN字を狙ってくる習性がある。つまり二度試す動きをする。それは、押した時に短期足では一旦目線が切り替わることを意味している。

もしくは、押し安値を割ってなければ売り買い五分五分。どちらにしても、一旦は買い一辺倒の相場の流れが一旦切り替わることは同じ。

それはラインブレイク後の戻りを待つエントリーと考え方は同じ。

シェアする

フォローする