認識は真実ではない。人は真実を自分勝手に解釈して認識し、それを本当だと思い込む

この絵は、人によって全く違った二種類の見え方をする。

チャートを見るということは、この絵で表されていることと同じではないか。
 
自分の見え方が真実だと疑わずにいてしまったら、それ以外の見方があるなんて事に気付くきっかけすらも持てない。
 
チャートもそう。
この絵の、別の見方に気付くには、取っかかりがないから難しいが、相場の方だったら売り買い2種類の方向しかないのだから、自分の反対ポジションを持ってる人の目線になってみるなんて簡単なことだ。
 
この絵の真実は、ただの白紙の上の黒いインクのシミで、それを自分勝手に知覚して意味付けしているだけ。
その自分の知覚が真実だと思ってしまったら、本当の真実が見えなくなる。

シェアする

フォローする