+5.0Pips 反対ポジションの立場に立ったトレード

今日から、売りたい人、買いたい人の気持ちを忖度してエントリーするやり方に変えた。

一発目のトレードは、最安値のブレイクがダマシになって損切りが入り、一気に上昇後の押しを取ろうと思い、上げ止まったと思ったところでショートしたが買いの勢いがおさまっておらず、ヒゲで刈られた。

ただエントリーしたくなったからエントリーしたという、根拠のないトレードであった。

二発目もエントリーポイントは最悪だった。しかし、一気に上昇後、一旦は押しを作るだろうという読みのもと、含み損を耐え続けた。

売り買いの攻防に決着が付き、下がってきて売りの勢いがなくなってきたところで利確。

広い視野で見れば買い目線なので、押し目買いが入ってくるかも知れず、無理をしなかった。

3発目は、ほぼドテンのような形でロングでエントリー。恐らく押し目買いが入ってくるだろうという読みから。

それは当たり、高値更新を狙う動きになったが、長い髭を付けて戻されてしまったので、109.50からの売りは強いと判断し、利確。

シェアする

フォローする